器の取扱い

器の取扱い

うつわの取扱い器は特徴をよく理解し大切に使えば、何年も使えいつまでもきれいです。

そして使えば使うほど味が出てきます。(作家さんによって、土の種類・製作の方法により多少違いがある場合がございます。

例えば、陶器でも電子レンジの使用が可の場合もあります。お店で確認してください)

 

陶器
 吸水性が高く、匂いや汚れがしみ込みやすいので注意してください。
[使い始めのとき]
高台のざらつきをチェックします。すでに処理済みが多いですが残っている場合は、サンドペーパー(80番くらい)をかけて滑らかにします。食卓をキズつけてしまうことがあります。
陶器は吸水性が高く、それだけしみ込みやすいという特徴があります。はじめに良く洗い流し、鍋に入れて器がかぶるくらいの米のとぎ汁を入れて火にかけます。沸騰したら器が動かない程度に火力を弱め、20~30分煮沸し、お湯が冷めるまでおいてから、良く洗い自然乾燥させます。こうすると粘りのある米のとぎ汁が粒子を埋めて、汚れがしみ込みにくくなります。
黒色・緑色・茶色等の色の濃い器も、また焼き締めのものも米のとぎ汁で同じように処理しましょう。目立ちずらいですが、汚れることは同じです。
土鍋は低い温度で焼いてあるので土が焼しまっていません。土の粒子が粗くなっているので、そのひびを埋めるためにおかゆを炊いて、冷めるまでそのままおいておき洗い流してください。
半磁器の器も本質的には陶器なので、同じように処理してください。
[料理を盛るとき]
 ・ 陶器はふだん使うときも、毎回水、またはぬるま湯に浸して水分を含ませ、軽く拭いてから料理を盛ると、食べ物の汁気や油分が染込みにくくなって汚れや匂いが付きにくくなります。長くこの方法でやりますと、シミになりにくくなります。陶器は使い込むうちにどうしても多少シミが出てきますが、このように色が変わってくるのも、陶器ならではの楽しみと考えましょう。
電子レンジ・食器洗浄機・乾燥機・オーブンなどは使用禁止です。
[片付けるとき]
 ・ 水気が残ったまましまうとカビの原因になります。十分乾燥させてからお仕舞ください。
 ・ 収納の時は、同じ材質と形のものを重ねてください。例えば、磁器の上に陶器を重ねるのは、器をキズ付ける原因となります。

 

 

磁器
 汚れをきれいに洗い落すだけで、特別なことは何もしないで使用できます。
丈夫で割れにくく扱いやすい磁器ですが、色絵・金彩・銀彩には注意しましょう。酸性のもの・油ものは盛り付けないほうが良いでしょう。また、電子レンジの使用は変色やひび割れの原因になります。上記以外の磁器は基本的に電子レンジの使用は可です。
半磁器の器も本質的に陶器ですので同じように処理してください。
茶渋やアクなどは、漂白剤を使って浸け置き洗いで大丈夫です。ただし、色絵・金彩・銀彩には使用しないでください。
収納の時は、同じ材質と形のものを重ねてください。例えば、磁器の上に陶器を重ねるのは、器をキズ付ける原因となります。

 

 

ガラスの器
 汚れをきれいに洗い落すだけで、特別なことは何もしないで使用できます。
耐熱ガラスでない場合は、熱湯を注いだり、水物を入れて凍らせるのは破損の原因になります。
ガラスの輝きを保つには、洗ったあと毛羽立ちのない布で水分をすぐに拭き取ることです。
花器などに使う場合は、何日も水道水を入れっぱなしだと塩素の白い筋がついて取れなくなるので、まめに水を替えてください。

 

 

漆器
 大切に扱えば、長い間使えますが、繊細な器です。
新しい漆器は、漆特有の匂いがあります。気になる場合は、軽く中性洗剤で洗ってから拭いて乾かし、直射日光の当たらない場所で数日置いてください。
漆器は、沸騰したてのような汁ものは、その前にぬるま湯を入れて慣らしておいた方が良いでしょう。漆器はていねいに使えば一生ものです。
使用後は、薄めた中性洗剤をスポンジにつけて洗い、ぬるま湯ですすいでよく乾燥させてください。漂白剤の使用は厳禁です。また、研磨剤の入ったものは使用しないでください。
電子レンジ・食器洗浄機・乾燥機・オーブン・冷蔵庫も使用禁止です。

 

 

木の器
 温かみのある器ですが、吸水性が高く匂いや汚れがしみ込みやすいので注意してください。
木の器は、料理のしみがある程度付くものと考えた方が良いと思います。
使いはじめから、油の多い料理はさけた方が良いです、サラダなどを盛り付けて、ドレッシングオイル・オリーブオイル等をまんべんなくかける位から始めましょう。
使っていくうちに、表面が乾燥ぎみになってきたら、オイルをしみ込ませた布ですり込むように塗ってから、余分なオイルをペーパータオル等で拭きとります。クルミやえごまのオイルがおすすめですが、無ければ植物性100%のオイルでもかまいません。
使用後は、薄めた中性洗剤をスポンジにつけて洗い、ぬるま湯ですすいでよく乾燥させてください。漂白剤の使用は厳禁です。また、研磨剤の入ったものは使用しないでください。
電子レンジ・食器洗浄機・乾燥機・オーブン・冷蔵庫も使用禁止です。