横山 拓也

作家紹介:横山 拓也

横山 拓也(よこやま たくや)・プロフィール

1973年 神奈川県生まれ。
  立教大学社会学部卒業
  多治見市陶磁器意匠研究所
  現在、studio MAVO(多治見)にて作陶

横山 拓也さんの作品

岐阜県多治見市で作陶されている横山さんの代表作は、白と黒の粉引きで独特の形のうつわです。

白化粧を施した何とも言えなく味のある、貫入の入ったうつわと、最近ご自分でも納得されていると思われる黒いうつわで、マットな部分とツヤの有る部分のアンバランスがとても良いうつわがあります。両者は全く性格の違う自分を持っていると同時に、両者は協調しあっているようも見えます。

横山さんの作品は、独特のかたちとその存在感が見る人達を楽しませているようです。

また、うつわの部分部分それぞれ何か語っています。線と面の両方の美しさがそれぞれの部位にあるからでしょう。 白化粧土のうつわは、他のどんなうつわとも相性が良く何にでも使えそうです。

黒のうつわは見ているだけでも良さそうですが、何に使うか考えるのも楽しそうです。 先日若い男性のお客様が、黒で湯呑みに使えるうつわを、にこにこしながら両手で持ち、「これでお茶を毎日呑みたいですね!」と嬉しそうに買って行かれました・・・若いのに中々見る目ありかな・・・!!

これからの新作も、今の作品への味付けも、楽しみで待ち遠しいですね!!

007