西山 芳浩

作家紹介:西山 芳浩

西山芳浩の作品の購入先

ネットショップの西山芳浩のページ

http://www.utsuwa-totoro.net/?mode=grp&gid=649838&sort=n

 

 

西山 芳浩(にしやま よしひろ)・プロフィール

1979年 愛媛県生まれ
1997年 グラススタジオイン函館 スタッフ
1998年 SUWAガラスの里 スタッフ
2001年 播磨ガラス工房 インストラクター
2004年 金沢卯辰山工芸工房 研修者
2007年 金沢牧山ガラス工房 スタッフ
2003年 テーブルウェア大賞 優秀賞
日本クラフト展 入選(2004、2006)
工芸都市高岡クラフトコンペ 入選
2004年 テーブルウェア大賞 佳作
2005年 テーブルウェア大賞 優秀賞
石川の現代工芸展 金沢テレビ社長賞
2006年、2007年、2009年 ギャラリー陶花にて個展

西山芳浩さんの作品

西山芳浩さんは、ザ・グラススタジオ・イン函館のスタッフとなり、色々な工房で修業を続けました。

2004年金沢卯辰山研修所の研修生を経験したことにより、何かが芽生えたそうです。しかし、現在ある作家西山芳浩さんは、長年の仕事量の蓄積から学びとった事が一番大きく影響しているそうです。この様な中で、おおらかで繊細さをあわせ持つ西山さんの作品が生まれるのでしょう。

作品は、とにかく色々な表情を持ち、形だけではなく光を通した時の見事な輝き・持った時の質感・ガラスから来る冷たさは無く、なにか懐かしい心地よさと不思議な温もりが感じられます。

代表作としては、光を受けると素晴らしい輝きをうつし出す「楕円モール鉢」・昔のガラスのような、せせらぎのような「ゆらぎの有るグラス」・鉄型と型吹きガラスの手法でつくられた大人気の「しのぎグラス」、このグラスで飲む日本酒なぜか・・・いいです!・型吹きガラスの色々な大きさの「角小瓶」は何か語りかけてきそうです・たわみの美しい「八角の大鉢」は落ち着いた輝きと存在感があります。

これからも、この素晴らしい感性で、もっともっと私達を楽しませてくれるでしょう。

西山芳浩