郡司庸久・郡司慶子さんの作品

投稿

投稿日:2013年9月29日

郡司庸久・郡司慶子さんの作品

郡司さんご夫妻は、日光から近い栃木県足尾で作陶されております。 

私が、お二人の作品を始めて展示会で見た時の驚きは、今でも忘れられません!

他にこのような表現で作陶される作家さんの作品に出会ったことがなかったからでした。

 

形と繊細な彫り・装飾細工・絵のタッチとにかく表現が豊富です。日本の土器の歴史は、自然の条件や生活の仕方と古くから関係していたこともあり、世界の四大文明にも劣らない文明国であったそうです。何かその古い歴史をも感じさせ、また、中国の古いうつわの文様をも思わせます。この古い歴史を、郡司さんたちは吸収され、現代にあった力強いうつわとして創り上げているところがスゴイです!!

通常は、基本的に庸久さんがロクロでうつわを作り、奥様の慶子さんが装飾細工・絵がらをおやりになります。本当にお二人の作品は、一つ一つ違う景色があり楽しくなります。

作品も灰釉・白釉・薄いキャラメル色の飴釉・濃いチョコレート色の飴釉・スリップウェア・三彩模様・透かし彫り他にも色々とバリエーション豊富です。 これからの新作楽しみですね!!

あと郡司さんは、益子の陶器市でテント部におられます。一度いかがですか!!

012

関連記事

  1. 郡司慶子(ぐんじ けいこ)・プロフィール
  2. 郡司 庸久(ぐんじ つねひさ)・プロフィール