赤地径さんの作品

投稿

投稿日:2013年9月29日

赤地径さんの作品

石川県金沢市に在住の赤地さんは作陶において、色々なことに捉われず自然体である、また、普段使いのうつわは、空気のように捉え、「使い勝手がよく、喜んで使っていただければ」と考えておられます。

確かに赤地さんの作られるうつわは、使い心地が良く手にもやけになじみます。
また、作風も現代的でどれもが明るく・爽快で鮮やかです。 金沢に生まれ、しっかりと地に足の着いた仕事を望まれ、作品には九谷の土と九谷の絵の具を使い、絵柄も古典的・日本的で伝統的な絵を描かれる。また、九谷では成形と絵付けの分業が多い中すべて一貫制作をされています。

絵の具は赤・黄・青・紺青・紫の五彩を主に使い、本焼きの後に絵付けをし焼成します。

001

関連記事

  1. 赤地径の作品の購入先
  2. 赤地 径(あかじ けい)・プロフィール
  3. 赤地家