石田誠さんの作品

投稿

投稿日:2013年9月29日

石田誠さんの作品

石田誠さんは、1996年、故郷の愛媛県松山市に築窯されました。

代表的作品としては、薪窯焼成による南蛮焼締があります、サヌキ土で炻器質のかための焼き物です。凹凸の中の気泡により花器のように水を入れるものは、水の鮮度が長持ちします。吸水性が少ないので、米のとぎ汁等での煮沸は必要ありません。種類も赤焼・グレー焼もあります。表情は男っぽいですが、どこか優しさがあり引き付ける魅力があります。年に一度の薪窯焼成なので、作品を待つファンも多くおります。

紅毛手・こうもうで・(デルフト、白・クリーム・ブルー)は、砥部の磁器土で低い温度で焼かれ軟陶です。上釉は、無鉛フリット(ガラス粉)の為、柔らかで艶やかな味がでています。また「さらっと」作られた中に奥行きも感じられます。 白磁は、愛媛の砥部の良質の磁器土で焼かれ、青みのある深い味わいと温かさがある作品です。 近年力を入れているスリップウェアは、南蛮と同じサヌキ土により低い温度で焼かれておりますが、生地は良く焼き締まっております。上釉は、紅毛手と同じガラス質で、艶やかさと深みのある茶色の風合いと、ユーモラスな絵がいつまでも私達を楽しませてくれます。和でよく洋でもよくバランスの良いうつわです。

石田さんは、良いうつわ作りを原点から見つめなおし、使い手の立場に立って作陶し続けておられ、作品にはホッとする人柄の優しさが出て、使いやすく温かさがあり、軽やかで柔らかな表現力のある作品をつくられております。作品も巾が広くバラエティ、絵柄も自由です。ファンも多い人気の作家んであることがよく分かります。

石田誠

関連記事

  1. 石田誠の作品の購入作
  2. 石田 誠(いしだ まこと)・プロフィール