清水なお子さんの作品

投稿

投稿日:2013年9月29日

清水なお子さんの作品

京都の大学で陶芸を学び、藤塚光男さんの元でしっかりと修業し、ご主人である土井善男さんと共に、京都亀岡で独立しました。 白磁に描く温かみのある、伸びやかで女性らしい染付けはあまり主張し過ぎず、ほわっと可憐に描かれております。

絵付けで大人気の清水さんの器は、さらに使いやすい形で、手に持ってみると自然になじみます。また、可愛らしい絵付けは、染付けと鉄絵がしっくりと相性よく、色のぼかしは何とも言えない表情を持っています。ご本人の優しい人柄がそのままうつわに表れているようです。

材料の粘土は、金沢の土を使用しており、この粘土に精製砂をまぜざっくり感を出し、また、その混入物により、鉄粉が出たりそれが景色になって表情が出ています。他に、砂を入れない粘土で作っているうつわもあり、絵付けにより変えているそうです。

これからの新作から目が離せません!!

・・・・・いつの日か、白い桧のカウンターの料理屋でうまい日本酒を飲みながら、清水なお子さんの器たちに会ってみたいものです・・・・・

002

関連記事

  1. 清水なお子の作品の購入先
  2. 清水 なお子(しみず なおこ)・プロフィール